拝啓、時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、近年はパソコン、インターネットの普及に象徴されるようにあらゆる分野でIT化が進んでいます。コイルセンター業界においても例外ではありません。特にこの傾向はコイルセンターよりも対面先である需要家側に顕著に現れているのではないでしょうか。

 EDI、即ちパソコンを駆使した情報のやり取りは膨大なデータの処理、業務の効率化、データの精度向上には不可欠であり、IT化の波はEDIによる情報交換という形でコイルセンターに大きな影響を与えるようになりました。しかし、需要家のそのようなニーズに適切に対応する為には相応な体制や経費面も含めた周到な準備が必要となりますが、需要家1社ごとにコイルセンター各社が独自に対応することは極めて困難なことです。

 そこで当組合はEDIに必要なサーバやネットワークを備えた「共同EDIセンター」を設けました。組合員各社が個別に需要家に対応するよりもはるかに効率的・経済的にEDIシステムを構築できる「共同EDIセンター」、今回この「共同EDIセンター」を御紹介する資料をつくりましたのでご覧の上、是非貴社でのご活用をご検討頂きます様、お願い申し上げます。

敬 具
NEXT
Copyright © 2004 Japan Coil Center Industry Association. All right reserved.
※当ホームページに掲載されている全ての画像・データ及び文章の著作権は、全国コイルセンター工業組合に帰属します。